月山山麓農場

真夏でも平均気温25度以下!
標高600メートルに位置する月山山麓作物の特長!

  1. 病害虫の発生が少なく農薬の使用が少量で済みます。
  2. 寒暖の差が大きいため糖質が豊富で栄養分を多量に含む作物ができます。
  3. ”月山山麓だだちゃ豆”は9月中旬~9月下旬まで生出荷が可能です。

東北有数420,000㎡の広大な畑地を有する月山山麓農場

私たちは、農地に適した月山山麓の恵まれた環境と豊かな経験で培ったノウハウを生かし、
安全で美味しい栄養たっぷりの野菜づくりで、様々な栽培野菜のご要望にお応えしてまいります。

新たなチャレンジ 漢方生薬の栽培に取り組んでいます!

これまでの生産・加工・販売をしてきた農作物に加え、新事業として漢方の生薬栽培に取り組んでいます。

国内の生薬の産地は、奈良、和歌山、富山、北海道などが挙げられます。生薬の供給のほとんどを海外に依存していることや価格の高騰などもあり、国内産のニーズが見込めることから、平成24年度より事業化を目指した試験栽培がスタートしました。

試験栽培においては、庄内地域産業振興センターのコーディネイトで、慶応先端研及び山形大学農学部との共同研究が実現。慶応先端研のメタボローム解析により、他産地の生薬との有効成分を比較したり、自生する植物の有用性を探りながら、鶴岡市の標高600mに位置する栽培ほ場に適した生薬の選定を進めているところです。

バイオ研究という地元で展開されている先端技術と地域の大学の専門分野とが連携することで、今後の生薬栽培の方向性がより明確になりました。将来的には、庄内地方を国内の生薬の一大産地にし、生産・加工・販売による6次産業の可能性を広げ、人材の活用を行いながら地域農業の再生にもつなげていきたいと考えています。

お問い合わせ

農業法人
有限会社 米作
〒997-0341
山形県鶴岡市下山添字一里塚67番地(株式会社 王祇建設 内)
TEL:0235-57-2681
FAX:0235-57-2843

  • 営業時間
    9時-16時
  • 定休日
    土日祝日
ページの先頭へ